氷雪ニ咲ク薔薇 エラッタ

  • 2017.08.10 Thursday
  • 21:28

 ええ、入稿がギリギリだったので…(遠い目。

当然と言えば当然なんですが…。

 

再販する可能性がある場合、エラッタ対応して、本文用紙変更したいなぁ…()

 

●久遠を告げる華

P5

誤:

トレーラー

思い出すとすると

 

正:

思い出そうとすると


P11
誤:

雪華館の秘密

この館に足を踏み入れようとすりと

 

正:

この館に足を踏み入れようとすると

 

 

●忌まわしき人間の証明
P36
誤:

『第三の試練』
『この中にある六つの器の中から水を飲み干す、尚ここにある6つの杯の内訳は【当たりの水】、【鎮痛剤】、【下剤】、【毒薬】、【記憶処理薬】【促進薬】がそれぞれ一つずつ』
そこには6つの器があり、それぞれ無色・赤・青・緑・黄色・紫の液体が置かれていた。

 という状態である。

 

▼第三の試練(飲んだ結果一覧)
無色……当たりの水(第三の試練クリア)
赤……毒薬(生命点1消費し、薬品で恐怖判定)
橙……記憶復活薬
青……鎮痛剤
黄色……記憶処理薬(B級記憶処理と同効果)
緑……下剤(このサイクル中全判定−1)
紫……促進剤(感染度が1以上ならば、次のシーン開始時に感染度が10になる。また感染度とは関係なく、次のシーンで狂気カードを山札から一枚引きそれを顕在化させる)

 

正:

『第三の試練』
『この中にある七つの器の中から水を飲み干す、尚ここにある7つの杯の内訳は【当たりの水】、【鎮痛剤】、【下剤】、【毒薬】、【記憶処理薬】【記憶復活薬】【促進剤】がそれぞれ一つずつ』
 そこには7つの器があり、それぞれ無色・赤・橙・青・緑・黄色・紫の液体が置かれていた。

という状態である。

 

▼第三の試練(飲んだ結果一覧)
無色……当たりの水(第三の試練クリア)
赤……毒薬(生命点1消費し、薬品で恐怖判定)
橙……記憶復活薬(記憶を失っていた場合取り戻す。PC3の場合には秘密が更新される。)
青……鎮痛剤
黄色……記憶処理薬(B級記憶処理と同効果)
緑……下剤(このサイクル中全判定−1)
紫……促進剤(感染度が1以上ならば、次のシーン開始時に感染度が10になる。また感染度とは関係なく、次のシーンで狂気カードを山札から一枚引きそれを顕在化させる)

 

P37

誤:

以下の事を説明する(尚、下記内容は質問で答えても良い)
・目的は、もっと分かりやすく言えばバベルの塔であると同時に善人と悪人の選別
・【WOLFウイルス】それ自体に、感染者に対する健康的な害はない。ただ、言葉の違いや肌の色の違い宗教の違いでも争いを起こす人間が更に姿までもが変わってしまう。争いを誘発するという意味でのバベルの塔である。
・善人が化け物になり、悪人が人間のまま。この性質を考えれば、本当に排斥されるのはどちらになるかが興味がある。
・世界を滅ぼしたいと思っていたが、本当に滅ぼせる段階になってから躊躇してしまった。貴方達に全てを託す。貴方達が勝てば、どうするのかを貴方達が決める。負けたら、そのままこの薬を世界中に散布させて貰う。
・既にシステムは整えてあるので、此処で自分を殺すのは無駄である。
・治療法に関しては提供する。PC人数分のアイテム『B級記憶処理』を支給する。これで記憶失ってもレポートを読んで、適切に行動できるようになったら一流です。
・完全に【WOLFウイルス】に抗体を持つ人間が居れば、そこから特効薬を作る事が可能かもしれない

 

正:

・目的は、もっと分かりやすく言えばバベルの塔であると同時に善人と悪人の選別
・【WOLFウイルス】それ自体に、感染者に対する健康的な害はない。ただ、言葉の違いや肌の色の違い宗教の違いでも争いを起こす人間が更に姿までもが変わってしまう。争いを誘発するという意味でのバベルの塔である。
・善人が化け物になり、悪人が人間のまま。この性質を考えれば、本当に排斥されるのはどちらになるかが興味がある。
・世界を滅ぼしたいと思っていたが、本当に滅ぼせる段階になってから躊躇してしまった。貴方達に全てを託す。貴方達が勝てば、どうするのかを貴方達が決める。負けたら、そのままこの薬を世界中に散布させて貰う。
・既にシステムは整えてあるので、此処で自分を殺すのは無駄である。
・治療法に関しては提供する。PC人数分のアイテム『B級記憶処理』を支給する。これで記憶失ってもレポートを読んで、適切に行動できるようになったら一流です。
・完全に【WOLFウイルス】に抗体を持つ人間が居れば、そこから特効薬を作る事が可能かもしれない
・迷惑料として、勝者には国際テロリスト【WOLF】と取引のあったテロリストとの流通ルートや、国家との繋がりを全てデータとして渡す。これを活かすも殺すも、正しく使うも悪用するも全て委ねる。

 

P45

誤:

資料室

【概要】
人を怪物と化す症状を発生させるウイルス『WOLFウイルス』についての資料が纏められている資料室らしい。ここでも研究員らしき人間が倒れており、血が撒き散らされている……。

 

正:

資料室

【概要】

この研究施設で行われていた実験の試料が纏められている資料室らしい。ここでも研究員らしき人間が倒れており、血が撒き散らされている……。どうやら恐るべき怪物がこの施設で生み出されていたらしいが……?

 

P46

誤:

第三の試練
【概要】
『この中にある六つの器の中から水を飲み干す、尚ここにある6つの杯の内訳は【当たりの水】、【鎮痛剤】、【下剤】、【毒薬】、【記憶処理薬】【促進薬】がそれぞれ一つずつ』
そこには6つの器があり、それぞれ無色・赤・青・緑・黄色・紫の液体が置かれていた。
このHOに秘密はない。

 

正:

第三の試練
【概要】
『この中にある七つの器の中から水を飲み干す、尚ここにある7つの杯の内訳は【当たりの水】、【鎮痛剤】、【下剤】、【毒薬】、【記憶処理薬】、【記憶復活薬】、【促進剤】がそれぞれ一つずつ』
そこには7つの器があり、それぞれ無色・赤・橙・青・緑・黄色・紫の液体が置かれていた。
このHOに秘密はない。

 

 

●編集後記のべた様の項目に以下を追記

P16

今回のシナリオではデッドループの選択ルールをてんこ盛りにしてみました。
結果、初心者向けとは言いにくいシナリオになってしまいましたが、そろそろ難しめのシナリオが出て来てと良いのではないかな、と。
それでは最後に「一番の獣は誰なのだろう」という感じで。
平成29年、葉月。

コメント
コメントする








    

selected entries

recent comment

profile

サークルカット

C96のサークルカットです。

search this site.